FX会社比較ナビゲーション(TT BOARD)

米ドル/円 USD/JPY【米ドル/円 USD/JPY】
世界の基軸通貨。 値動きは比較的穏やかです。 NYタイムに激しく動きます。 日本時間は動きが小さいですが、日銀総裁の発言(要人発言)や、日銀政策発表時にはサプライズが起こる可能性あり。
【重要指標】
米四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
連邦公開市場委員会(FOMC)
米雇用統計
米個人消費支出
米小売売上高
ユーロ/円 EUR/JPY【ユーロ/円 EUR/JPY】
米ドルに次ぐ第二の基軸通貨。 ECBの金融政策とドイツの経済動向に反応します。 欧州中央銀行(ECB)の政策に敏感に反応し、ドイツの経済指標にも連動します。 欧州からNY時間にかけ激しく動きます。
【重要指標】
欧州中央銀行(ECB)政策金利
IFO企業景況感指数
欧州ZEW景況感指数
欧州四半期域内総生産(GDP、速報値)
ユーロ/米ドル EUR/USD【ユーロ/米ドル EUR/USD】
取引量が全通貨ペアのうち最大。 流動性に富んでいて値動きが激しい。 日本時間の夕方にロンドン市場が開き相場が動き始める。その後のニューヨーク市場が開く午後10時ごろから深夜にかけて値動きが最も大きくなる。
【重要指標】
米国の経済指標
欧州中央銀行(ECB)政策金利
英ポンド/円 GBP/JPY【英ポンド/円 GBP/JPY】
値動きが大きく日本人に人気の通貨。 対ユーロとの取引量が大きい。 英国の金利動向や動向に反応します。 ユーロの逃避先として買われることがあり、ユーロ相場に影響を受けることがある。
【重要指標】
イングランド銀行(BOE)政策金利発表
英雇用統計
英小売売上高
英インフレレポート発表
英ポンド/米ドル GBP/USD【英ポンド/米ドル GBP/USD】
ポンドドルは値動きが非常に大きく、投機筋などが好んで参戦している通貨ペア。 日本時間の夕方にロンドン市場が開き相場が動き始める。その後のニューヨーク市場が開く午後10時ごろから深夜にかけて値動きが最も大きくなる。
【重要指標】
イングランド銀行(BOE)政策金利発表
英雇用統計
米国の経済指標
ユーロ/英ポンド EUR/GBP【ユーロ/英ポンド EUR/GBP】
日本国内ではあまり取り引きされない通貨ペア。 日本時間の夕方にロンドン市場が開くと相場が動き始めます。
【重要指標】
イングランド銀行(BOE)政策金利発表
英雇用統計
欧州中央銀行(ECB)政策金利
IFO企業景況感指数
欧州ZEW景況感指数
欧州四半期域内総生産(GDP、速報値)
豪ドル/円 AUD/JPY【豪ドル/円 AUD/JPY】
日本人投資家に人気のある高金利通貨の代表格。 資源価格と中国の経済動向に影響を受けます。 日本時間の朝方に豪市場が開くので、経済指標の発表タイミングは日本のマーケットが開いている時間帯になります。
【重要指標】
オーストラリア準備銀行(RBA)政策金利発表
豪新規雇用者数・失業率
豪小売売上高
豪消費者物価指数
豪ドル/米ドル AUD/USD【豪ドル/米ドル AUD/USD】
豪ドル/円よりも豪ドル/米ドルの方が流通量が多いので、豪ドル/円に比べ価格変動が穏やかになります。 資源国通貨の特徴として、石炭、鉄鉱石、原油、金、アルミニウムなどの採掘量や資源の相場価値の変動によって価格が変動します。
【重要指標】
オーストラリア準備銀行(RBA)政策金利発表
米国の経済指標
NZドル/円 NZD/JPY【NZドル/円 NZD/JPY】
マイナー通貨ペアで流動性・取引高も低く、豪ドルと連動した動きをするのが特徴。 資源国通貨で高金利通貨としての実力も十分。 中国向けの輸出も多く、豪ドル同様中国の景気動向に影響を受けます。 日本時間の早朝に市場が開き、1日のうち主要国の中では一番早く開くマーケットです。
【重要指標】
ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利発表
NZ雇用統計
HSBC中国製造業PMI
NZドル/米ドル NZD/USD【NZドル/米ドル NZD/USD】
NZドル/円よりもNZドル/米ドルの方が流通量が多いので、NZドル/円に比べ価格変動がいくらか穏やかになります。 資源国通貨の特徴も備えていますが、マイナー通貨ゆえの流通量不足から価格の急変動に巻き込まれる可能性があります。
【重要指標】
ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利発表
NZ雇用統計
米国の経済指標
カナダドル/円 CAD/JPY【カナダドル/円 CAD/JPY】
資源国通貨で米国の経済動向と原油価格の値動きに左右されやすい通貨。 最大の輸出国である米国の経済指標の影響を受けやすい。 カナダは原油輸出国のため、原油価格の値動きに連動しやすい。
【重要指標】
カナダ中央銀行(BOC)政策金利発表
米国の経済指標
米ドル/カナダドル USD/CAD【米ドル/カナダドル USD/CAD】
資源国通貨であるカナダと経済の結びつきが強い米国との通貨ペア。 流動性はそこそこで、CAD/JPYよりも安定したトレードを行うことができる。
【重要指標】
カナダ中央銀行(BOC)政策金利発表
米国の経済指標
スイスフラン/円 CHF/JPY【スイスフラン/円 CHF/JPY】
日本円同様に有事に際に買われやすい安全通貨。 金融危機や地政学リスク等の「有事」が発生したときの安全資産とされ、資金の逃避先とされる。 スイス国内の経済指標よりは、世界の動向に左右される通貨。
【重要指標】
戦争、テロ等の世界情勢
スイス国立銀行(SNB)の政策決定
米ドル/スイスフラン USD/CHF【米ドル/スイスフラン USD/CHF】
基軸通貨の米ドルとと安全通貨の組み合わせとして、ドル円と似た動きを見せます。 永世中立国であるスイスは、ヨーロッパの中では安全な国として認識されており、スイスフランは安全通貨として有事の際の逃避先になります。
【重要指標】
戦争、テロ等の世界情勢
スイス国立銀行(SNB)の政策決定
香港ドル/円 HKD/JPY【香港ドル/円 HKD/JPY】
米ドルに固定されている通貨で、米ドルとのペッグ制を採用しているため、米ドル/円と同じ動きをします。 1米ドル7.80香港ドルを基準とし、また許容範囲は7.75から7.85になります。 中国の影響を受けやすいので、まれに人民元の動きに影響される時があります。 香港市場で上場している中国株の取引に反応する場合もあります。
【重要指標】
米国の経済指標
中国の主要な経済指標
中国株の動向
南アフリカランド/円 ZAR/JPY【南アフリカランド/円 ZAR/JPY】
高金利通貨の代表格で日本人に人気の通貨。 金の産出量ダントツで世界一、金相場に左右されやすい通貨。 新興国通貨としての特徴があり、国内の政情不安で大きく売られるケースがあります。
【重要指標】
米国の主要な経済指標
金相場の動向
南アフリカ国内の政情不安
ノルウェークローネ/円 NOK/JPY【ノルウェークローネ/円 NOK/JPY】
北欧の通貨で、以前は高金利通貨として人気が高かったのですが現在は低金利で推移しておりスワップ狙いには適しません。 主要な産業が石油・天然ガスであるため、資源国通貨としての側面を持ちます。 ユーロ圏諸国と地理的に近いため、ユーロの景気動向に左右される。
【重要指標】
ユーロ圏の主要経済指標
石油・天然ガス価格の動向