いかにしてお得にリフォームするか

今回の投稿は、「いかにしてお得にリフォームするか」をテーマに記事を書いていこうと思います。

決まった業者がいていつもそこでリフォームしている方や、値段は気にしないという人は少し対象から外れてしまいますので、参考程度に読んでください。

安くて質のいいリフォームをすることが目的の人向けの記事になります。

まず、絶対に避けるべきことは、一社で決めないということです。
お客様から「歳を取るとあちこちから見積もりを取るのが面倒で、あなたのところで決めます。」と言われることあります。
若いうちはフットワークが軽いので、あちこち見て回って比較検討も苦にならないです。
でも年齢を重ねると相見積りを取るのに抵抗がある方が多いのも事実です。
まず、あちこち見て回ることも面倒ですし、現調に立ち会うのも大変。また見積りをもらっても断るのが申し訳ない。そういった気持になるようです。

トイレの入替えやIHガスコンロといった単品の工事は金額も10万円程度ですし、一社で決めてもいいでしょう。

しかしながらお風呂やキッチン、外壁リフォームなど100万円を超えるような高額なリフォームは必ず相見積りを取るべきと考えています。

このブログをご覧になっている方は、ネットなどから情報を集めてリフォームをする情報通の方々だと思います。
相見積りに抵抗がない方だと思います。

地域にもよりますが、見積りを取ったら断ることは失礼にあたり、見積りイコール契約と考えている方も大変多いです。

もしあなたが 契約することが前提 で見積りを取るという考えなら、工事を請け負うわたくしどもにとっては非常にありがたいお客様でありますし、大変すばらしいことであります。

しかしながら今回のテーマ「いかにしてお得にリフォームするか」の観点からいえば、比較検討ができない分損をする可能性があります。
少しでもいいリフォームをする為に、何社かショールームを見て回り店員から話を聞き、概算の値段を聞いたうえで一番よさそうなとことから見積りを取るのがいいと思います。これなら最初に何社か見て回る労力は必要ですが、見積りをとるのは一社で済みますしいい業者に当たる確率を上げることができます。

さて、本題に戻りまして、複数社から見積りを取るにあたり注意すべき点を書きます。

1、なるべく商品とグレードを合わせる。

ただし扱うメーカーや商品型番が会社によってまちまちですので、完全に同一商品では比較できない。同じようなグレード機能性で合わせるといいです。もし気に入った商品があれば、その商品を扱っているリフォーム会社に絞ればよいです。

2、営業マンの営業トークに騙されるな。


このブログをご覧のあなたは情報通だと思いますので、営業マンのトークを鵜呑みにせずに冷静に判断することができる人だと思います。
しかしながらトップセールスマンの営業トークは非常に洗練されていて提案力も高く、相手のペースに持っていかれようものなら即決させられてしまいます。
そのような時は、必ず検討期間をもうけ、じっくりと検討するようにしましょう。
いくら優秀な営業マンだからといって、その人が工事をするわけではありません。
実際に工事をするのは職人ですので営業マンの人柄に惹かれて契約するのは後々後悔することになるかもしれません。

以上の2点に気を付けて商品、値段が出揃ったらきちんと工事しくれそうなところで契約しましょう。

次回は、「ジャンル別にどこに頼むのがいいのか?」をテーマに記事を書く予定です。
外構工事(カーポート・エクステリア関係)はホームセンター。オール電化は家電量販店。キッチンバスなどの水回りは?外壁屋根リフォームは地元の業者が有利など、リフォームするジャンルによって頼むべき会社が異なりますので、そのあたりの話をしようと思います。

最後に、最安で工事する方法を書いて今回の投稿を締めくくります。

実はネットで商品を買って地元の業者に工事を依頼するのが最安のリフォーム方法になります。試しに楽天でキッチンの値段を調べてみてください。
楽天でシステムキッチンを検索

どうですか?
相場より安くないですか?

注意すべき点は、どの商品を選べばいいのか素人では判断できないことです。
商品はネットで買うので工事だけやってもらえるか地元の業者さんに電話で聞いてOKなら一度下見に来てもらい、商品を一緒に選んでもらえば間違いは起こらないはずです。

買ったはいいけど設置できませんでしたの事態は避けなければいけませんからね。
ちなみにトイレや洗面台でも給水や排水位置が合う合わないがありますので、素人判断でポチッと購入だけはおやめください。

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選