システムバスの相場解説

システムバスの商品代と工事代について

商品代については、

安いものだと398,000円~

真ん中のグレードだとおおよそ 598,000円~

上のグレードになると 898,000円~

上記の金額はあくまで基本セットが含まれた金額です。

当然リフォームする内容によっても金額は変わります。

お風呂の設備による違い

グレードの違いには以下のようなものがあります。

  • 水栓がカウンターになっているか?
  • 水栓の種類がタッチ水栓かひねるタイプか?
  • 浴室暖房乾燥機はついているか?
  • 壁や天井に断熱材は付けるか?
  • 浴槽の材質は?人造大理石?あるいはFRP(樹脂)?
  • 床材は滑り防止・さらっと乾く・ひんやりしない?
  • 浴室全体の大きさは?1.0坪、0.75坪、1.25坪?

今お使いのお風呂のタイプはどれ?

現在のお風呂の特徴

タイルのお風呂の特徴

  • 床と壁がタイルが張られている
  • 天井は固い材質でモルタルやコンクリート
  • 天井には四角い点検口がない
  • 浴槽の横のエプロンが外せない

タイルのお風呂をリフォームする場合、解体した後に土間コンクリートが必要です。

ただし、タイルのみの張替えや浴槽だけ入れ替えという工事も可能

ユニットバス・システムバスの特徴

  • 床は樹脂っぽい材質で触ってもひんやりしない
  • まれに床壁がタイルの場合がある
  • 壁はたたくとドンドンと大きい音がする(中が空洞のため)
  • 壁の材質は鉄板か樹脂の場合がほとんど
  • 天井の材質は鉄板か樹脂で四角い点検口がある場合がほとんど
  • 浴槽の横のエプロンが外せるようになっている

ユニットバスを入れ替える場合、今と同じか少し小さいサイズを入れることになります。

一部のハウスメーカーやタカラスタンダードのユニットバスは特殊な寸法の場合があります。

特殊寸法のお風呂の場合、若干ですが商品代が高くなる傾向にあります。

その他のお風呂の種類

  • 大理石のお風呂
  • ヒノキのお風呂

上記のお風呂が入っているお宅の場合、建てたときにこだわって建てたのでしょうから、商品と工事代金は高額になります。

お風呂をリフォームするにあたり、こだわりを捨てるのであれば、通常のシステムバスを入れることで比較的安く仕上げることができます。

それではどのようなプランを選べばよいのでしょうか?

気を付けるべきポイントは以下の通りです。

  1. 浴室暖房乾燥機は後から付けるのが大変(物干しはお風呂を組んだ後から付けるのが強度や荷重の関係で難しい)
  2. 浴槽に断熱材は必要(断熱材がないとすぐにお湯が冷めて光熱費がかかる)
  3. 浴槽の材質はFRP(樹脂)が現在の主流で使用上問題なし
  4. タッチ水栓やカウンターはお好みで
  5. 床や壁の材質により金額が大きく異なる
  6. 目地は乾式目地といわれるコーキングでない仕上げただとカビ抑制できる
  7. 入り口は引き戸だと5万円くらい値段が上がる。現在は折戸が主流
  8. 脱衣場のリフォームも一緒にするのもあり
  9. 窓(サッシ)は原則変えないが、希望があれば入れ替え可能
  10. 窓を変える場合5万円~10万円くらい追加でかかる。
  11. 窓にブラインド内蔵式の内窓を設置することも可能
  12. ジェットバスなどの特殊な物は今はあまり人気が無い
  13. ジェットバスの代わりにエコキュートにある泡の機能が付いたモデルを設置するのもあり
  14. 給湯器は古いと再利用できないケースもある
  15. ガスや石油給湯器を使っているならエコキュートに入れ替えをすることで光熱費削減になる
  16. エコキュート導入による光熱費のメリットは一般的なご家庭で4千円~1万円/月の光熱費が削減可能
  17. 築年数35年以上の古い住宅は給水や給湯管が鉄管の場合がある
  18. 鉄管は錆びると水が茶色く濁る
  19. 鉄管は錆びるとつなぎ目から漏水が起きる場合がある
  20. 水道管が鉄管の住宅は水回りをリフォームする際に最新のポリブデン管(樹脂)に入れ替えると良い
  21. ポリブデン管に入れ替える工事費の目安は30万円~(メーター数による)

以上思いつく範囲で書いてみました。

まとめ

実際に商品を見るにはメーカーのショールームに見に行くのが良いです。

ショールームが近くにないなら、ホームセンターや家電量販店に飾ってある場合がごいざいます。

リフォーム専門店でも商品を展示していますが、少し入りにくいことと、見学だけして見積りを頼まないのは少し気が引けます。

大工や工務店を通じて見積り依頼するなら、仕入れが可能なメーカーを聞いて、ショールームを予約して訪問するといいです。

メーカーの女性スタッフが丁寧に商品説明してくれます。

平日がすいているのでお勧めです。

ショールームでプラン作成することもできますが、あくまで定価表示です。

仕入れ値は工務店などにより差があるので、実際の売価は定価の7割と考えれば間違いないです。

工事費はシステムバスの入れ替えで約20万円~です。

タイルのお風呂の場合、土間コンクリート工事や大工工事、産廃費がかかるので、40万円くらいみておくとよいでしょう。

窓を変えたり脱衣場もリフォームする場合プラスでかかります。

ちなみに洗面台は商品3万円~あります。10万円も出せば3面鏡のオシャレな洗面台も選択肢に入ります。

洗面台の収納にこだわるならLIXILのスマートポケット付きの洗面台がいいです。←何台か販売しましたが非常に好評でした!

最後までご覧いただきありがとうございます。

当サイト管理人のまさやんは、住宅リフォームの営業歴が10年の経歴の持ち主です。

 

屋根や外壁から水回り・オール電化・太陽光まで一通りのリフォームを経験しております。

 

ブログやツイッター、ユーチューブにてリフォーム関係の記事を書いたり動画コンテンツを日々配信しております。

 

リフォームに関する簡単な無料アドバイスも行っておりますので、お気軽にユーチューブのコメント欄に書き込みをお願いします。

 

YouTubeチャンネル「まさやんのリフォーム生活」

 

分かる範囲でご質問にお答えしております。

 

リフォーム無料アドバイスはこちら

 

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選