リフォームの会社選びのコツ

リフォームのジャンルにより頼むべき会社が異なる

リフォームの仕事を依頼する場合、以下のどれかの会社にリフォームしてもらうことになると思います。

  1. 家を建てた大工や工務店もしくは、近所の大工など
  2. 建てたハウスメーカーもしくはハウスメーカー直属のリフォーム会社
  3. ホームセンターや家電量販店
  4. 地元のリフォーム専門店
  5. ネットで購入または見積り依頼

建てたところとつながりが強ければ、そこで頼むのがいいです。

建てた大工や工務店なら、その家の構造を熟知していますので、難しい工事も安心して任せることができます。

ハウスメーカー直属のリフォーム部門であれば、当時の図面や仕様など細かな情報も残っていますし、同じ年代の物件のリフォーム実績も蓄積されているでしょうから、大手のハウスメーカーで建てたなら、そのハウスメーカー系でリフォームするというのも有力な候補になります。

それぞれのリフォーム会社のメリット・デメリット

大工や工務店のメリットデメリットは以下の通りです。

大工工務店のメリット

  • 普段から付き合いのある会社であれば、営業担当とも顔見知りでしょうから、安心して任せることができます。
  • 自社が建てた物件ですから、当然どの会社よりも家の構造に精通しているわけです。
  • リフォームの実績も豊富にあるので、細かな要望にも応えることができ、きっと満足のいくプランを作成してくれるでしょう。

大工工務店のデメリット

  • 一社で決めてしまうのでそもそも相見積りを取らないケースも
  • 他社から見積りを取って、その内容をぶつけるということもできますが、業者のお客様に対する印象が悪くなります。
  • 強引にプランを押し付けてくるケースも。相見積りを取らないことで主導権を握られてしまうことがあります。

次にハウスメーカー系リフォーム会社のメリットデメリットです。

ハウスメーカーのメリット

  • やはり建てたハウスメーカーという安心感があります。
  • 大工同様、自社物件になるので家の構造を熟知しています。
  • 規模の大きなハウスメーカーなら倒産リスクも低いです。リフォームではアフターサービスも重要ですからね。

ハウスメーカーのデメリット

  • ハウスメーカーの特徴として広告宣伝にお金をかける傾向にあります。当然それらの金額は見積り金額に含まれます。
  • ハウスメーカーはすべての住宅設備メーカーの商品を仕入れ出来るわけではありません。したがって、設置できるメーカーできるも限定されます。例、パナソニックホームズはパナソニック製品が提案されることがほとんどです。

ハウスメーカーもリフォーム事業に次々と参入してきているので、自社物件でない住宅のリフォームも手掛けるようになってきました。

住友不動産の新築そっくりさんが有名ですね。

価格を重視しないならハウスメーカー系の会社は有力な選択肢の一つです。

ホームセンター・家電量販店のメリット・デメリット

ホームセンター家電量販店のメリット

  • 気軽にお店に入れることは大きなメリットですね。
  • 新聞の折り込みチラシなども入ってきますので、気になる商品があれば見に行くこともできます。
  • カタログをもらうこともできますので、相見積りを取るならお勧めです。
  • 支払いにクレジットカードが対応している場合もあります。カードのポイント付きます。

ホームセンター家電量販店のデメリット

  • 話を聞きに行っても対応した従業員がリフォーム以外の担当の場合があります。この場合、詳しい説明は聞けません。
  • 自社の職人はおりませんので、工事はすべて下請けに丸投げです。営業や現場監督は自社の社員のところもあります。

ある程度大きな会社ならアフターサービスはきちんと行うはずです。

工事の不備があればアフターサービス専用のフリーダイヤルなどに電話をして、改善してもらいましょう。

リフォーム専門店のメリットデメリットは以下の通りです。

リフォーム専門店のメリット

  • 地元の専門店ならではの商品ラインナップと実績の伴う適切な工事がウリです。寒冷地や雪対策、台風被害など、その地域の問題もクリアできるところが強みです。
  • 自社の職人が工事を行う場合、工事費が安くなる可能性がある。

リフォーム専門店のデメリット

  • 小さなショールームのお店だと展示商品が少ないことも。また敷居が高く入りにくいです。この辺りは専門店側もいろいろ工夫していて、定期的にイベントをやったり広告チラシを配布したりして集客しています。
  • 小規模な会社だと倒産リスクが高めです。リフォームはアフターサービスが重要な要素ですので、繁盛していて倒産しなさそうな会社に頼むようにしましょう。

最後にネットで購入・見積りのメリットデメリットについて

ネットで見積りのメリット

  • わざわざお店に行かなくても簡単に見積り依頼ができます。
  • 相見積りが前提で価格競争が激しいので最安でリフォーム可能。

ネットで見積りのデメリット

  • 腕のいい職人、評判のいい会社には常に仕事があります。腕のいい職人はネットから仕事をもらう必要が無いということは・・・。
  • アフターの窓口はどの会社?責任のなすりつけ合いでたらい回しになるケースも考えられます。

ネットユーザーは価格に対する条件も厳しく、リフォーム会社は常に他社との価格競争をしているわけです。

これは金額面だけ見ればいいことなのですが、工事の質に関してはマイナスに作用します。

そこで、わたくしまさやんがオススメするネット見積りの会社選びとして、サポートの充実したネットリフォーム会社に依頼するという方法です。詳しくはこの後のまとめの項目で説明します。

どこに頼めばいいのかの結論

IHやエコキュートなどオール電化に関しては家電量販店がオススメです。

理由は家電メーカーが製品を作っているので、故障とかの対応が早いです。

冬場にエコキュートが壊れて困っているのに修理になかなか来てくれないなんてこと、本当によくあります。

ちなみに日立、三菱、パナソニックの三社はエコキュートの出張修理めちゃくちゃ対応早いです。

早いときはサポートに電話して翌日には修理完了とかあります。

メーカーのサポート体制がダメだと一週間待ちなんてことあります。

価格も重要ですが、アフターのしっかりしたところでリフォームしたいですね。

最後に以下の人気記事で紹介している一括見積り会社の中には工事保証サービスが付いた会社を紹介しています。

ネットで工事を依頼するのが不安だという方は参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選